Q1 SGEC/PEFCとは何ですか?
A1 SGECとは国内森林認証制度で、PEFCとは国際森林認証制度です。2016年6月に相互承認されたので、SGECとPEFCは同等と見なすことが出来ます。

Q2 CoC認証/CoCプロジェクト認証とは何ですか?
A2 CoC認証は、加工・流通の審査で、製品を扱う組織が審査を受けて認証を取得します。CoCプロジェクト認証は組織では無く、木造住宅など建物が認証を取得します。

Q3 森林認証材と非認証材との違いは何ですか?
A3 森林認証材は、第三者の審査員により、適切に森林管理されていることが認定されたものですが、非認証材は審査を受けていませんので、適切に森林管理された森林由来の合法な木材か否か確かなものではありません。

Q4 DDS評価(リスク評価)とは何のために行うのですか?
A4 全ての使用される木材(木質由来の紙製品等を含む)の素姓を確認するためです。樹種や産地、商流を確認し、違法伐採された木材ではないなど使用しても問題ないか確認する、とても重要な評価です。

Q5 森林認証の家とは何ですか?
A5 森林認証材(木質由来の障子や襖など紙製品を含む)の使用比率が、木造住宅全体で使用された非認証材を含む全ての使用木材量の70%以上である家のことです。

Q6 なぜ、森林認証の家を建てようと思ったのですか?
A6 自分が住む木造住宅を新しく建てるなら、全ての木材の素姓が確かなものを使用して、安全安心な家を建てたいと思ったからです。

Q7 木造住宅でないと森林認証は取得できないのですか?
A7 プロジェクト認証には、全体認証と部分認証があります。全体認証は無理ですが、例えば屋根は認証木材を100%使用した場合、その他はコンクリートや鉄骨を使用していても、この家の屋根は、森林認証材が100%使用されているという部分認証取得は可能です。

Q8 森林認証の家にする必要があるのですか?
A8 質問6の回答の通りです。これからの木造住宅は、SDGsのつかう責任として、森林認証の家を選択することには大きな意義があると考えます。

Q9 森林認証の家を建てるとどんなメリットがあるのですか?
A9 家の引渡後に、CoCプロジェクト認証書と、使用された主な木材製品一覧表が施主に提供されます。木材製品一覧表で、使用された木材の樹種や原産地を確認することが可能になります。

Q10 森林認証の家を建てるためには、どうすれば良いのですか?
A10 森林認証の家を建てられるハウスメーカーや工務店を探し、認証を受けるために審査機関に審査申請をする必要があります。私たちは、積水ハウス㈱に家を建てて貰い、(一財)日本ガス機器検査協会(JIA)に審査をお願いしました。

Q11 なぜ、積水ハウス㈱に家を建ててもらうことにしたのですか?
A11  今回のSGEC/PEFC認証の家は、日本初です。いくつかの住宅展示場を回り、ハウスメーカー数社にSGEC/PEFC認証の家を建てて貰えるか検討をお願いした結果、積水ハウス㈱のみが、建築可能と回答して頂いたからです。

Q12 森林認証の家を建てたいと思ったら、どこの工務店やハウスメーカーでも建てて貰えるのですか?
A12 私たちの経験からすると、どこの工務店やハウスメーカーでも建てて貰えるとは思えません。積水ハウス㈱であれば、今回の実績を踏まえ建てて貰えると思っています。

Q13 森林認証の家は、従来の家と比べて品質が高いのですか?
A13 森林認証の家も従来の家も品質としては同一です。

Q14 森林認証の審査とは、どのような審査なのですか?
A14 設計段階で、森林認証の家が出来るのか、初回(文書)審査を行い、竣工後に、間違いなく認証材が使用されたかなど最終審査を行います。初回及び最終審査とも文書審査が主になります。

Q15 森林認証を取得するために施主は、何をすれば良いのですか?
A15 委任状を頂けましたら、私たち森林認証のもりが施主に代わり全ての審査準備、審査対応をします。
また、下記Q16の審査費用に関しても、森林認証のもりが当面は全額負担しますので、施主は、委任状発行以外、一切の負担はありません。

Q16森林認証を取得するための審査費用は、どのくらい施主が負担する必要があるのですか?
A16個人住宅のSGEC/PEFC認証の家は、日本初であること、これから、一つひとつ普及することなど考慮して貰い、JIAには、通常の審査料金の一部を、SGEC/PEFCジャパンには、公示料金(年間管理手数料)の全額を免除してもらいました。その審査費用は、上記Q15回答の通り、当面は森林認証のもりが負担します。

Q17 通常の家を建てる場合とSGEC/PEFC森林認証の家を建てる場合の建設費用にどのくらいの差があるのでしょうか?
A17 これは、どのような家を建てるかにより違ってくると考えられます。私たちの家の場合、SGEC (国産)認証木材比率を70%以上にするため、通常はPEFC(輸入)認証木材を使用するところを認証国産材に切り替えて貰いました。建物価格は、プランや仕様によって大きく変動するため、具体的な金額提示は難しいと思いますが、目安として通常の家と比較し数パーセント高くなったと思われます。

Q18 森林認証の家を建てることを検討したいのですが、どちらに相談したら良いですか?
A18 私たちは、今回の森林認証の家では、施主(代表)であると共にプロジェクトマネジャー(共同代表)として審査対応を行い認証取得しました。建築/審査実績がありますので、先ずは、是非私たち森林認証のもりにご相談ください。

Q19 リフォームを検討していますが、リフォームでも森林認証の家にできますか?
A19 リフォームの内容を確認しないと何とも言えませんが、条件により部分認証は、可能かもしれません。

Q20 今後、森林認証の家は普及すると思いますか?
A20 私たち森林認証のもりは、小さな会社です。私たちは、SGEC/PEFC普及に貢献したいと設立した会社ですが、私たちだけが、どんなに頑張っても普及は難しいと思います。大手ハウスメーカーである積水ハウス㈱の協力があれば、普及の可能性は大いに高まると思います。